この夏、あなたも社会に変化をつくる『チェンジメーカー』になりませんか?   

 

2013年、8月。異なる環境で育ち、様々な分野に関心を持つ若者30名が、 

6日間を共に過ごす中で、「じぶん」を発見し、「つくりたい社会」を描きます。

 

第二回目である今回は “チェンジメーカーが活躍する街” 福島県を舞台に、

地元に根付いたアクティビティを通して、

福島の若者と関東の若者が共に、変革への秘訣を体得します。

 

そしてキャンプに参加した全員が、その後も互いに協力をしながら、

『じぶんから愛情を持って、身近な課題へ取り組むこと』を目指します。

 

 

 

 


 

 

 

【キャンプのスケジュール】

 

6日間のキャンプを通して、毎日異なる学びの種を得るために旅に出るというデザインです。

そのために、プログラムには「体験(Exploring)」「創造 (Creating)」「対話 (Dialogue)」

という3つの異なる学びの仕掛けをつくりました。

 

旅の始まりは、いわき。

初日は、キャンプのマインドセットを醸成します。



2日目は、キャンプのセッティング、つまり福島とはどんな場所であるのか、

どんな地域の色があり、文化があるのか、またどんな問題があるのか、

そしてどのようなチェンジメーカーが活躍する場なのかを知る機会を持ちます。

 

また、キャンプにはどんなメンバーがいて、一人一人がどんな特徴を持っているのか、

お互いに「教え合う」ことによって学びます。



3日目は、このキャンプのハイライト、産業体験を行います。

グループに分かれ、農業や漁業など第一次産業にて

「変革への修行」を体験してもらいます。

 

5日目は、郡山のおいて活躍しているチェンジメーカーに来ていただき、

どのように「共感」をあつめ、そして活動に必要不可欠な資金の集め方に関する

ワークショップを行います。

また、今、抱えているチャレンジをお伺いし、共に解決策を考え、

「つくることによる学び」を得ることを目指します。

 

このキャンプの醍醐味は、ユニークなアクティビティだけではありません。

毎晩、学びを言葉にし、異なる価値観を持つ仲間の視点や想いに触れる時間を設けます。

キャンプファイヤー天体観測など、福島の自然を体いっぱいに感じ、

仲間のことを信頼しなければならない環境の中で、対話を繰り返し、

自分を知ったり、日々の学びを収穫します。

福島の魅力とエネルギーを余す事無く味わい、

その土地の方々、また今活躍されている「チェンジメーカー」の方々に協力をいただく、

学生だけなんてもったいない、そんな贅沢なプログラムです。

 

キャンプの学びの土台として『チェンジメイキングパターン』を使用し、

体験で得た学びを、今後も応用できる様に言語化するためのツールとして活用します 

【プログラム概要】

□ 日時:2013年8月6日〜8月11日 (5泊6日)
  ※プログラム終了後に事後研修の開催を予定しています。(8月下旬頃を予定)


□ 参加対象者:キャンプ全日程に参加できる高校生と大学生(文理、居住地を問いません)

 ・身近な社会問題を解決するためのプロジェクトを始めたい人

 ・既に取り組んでいる物事への、新しいアプローチを探したい人

 ・チェンジメイキングな取り組み・組織にサポーターとして関わりたい人 


□ 場所:福島県いわき市および郡山市

 (いわき海浜自然の家、郡山市少年湖畔の村に宿泊)

  ※集合場所は、いわき駅の予定です。集合場所までの移動は各自でお願いいたします。

                

□ 参加費用:22,000円 (6月30日までにお申し込みの場合→19,800円

        ※ Readyfor?にてクラウドファンディングを通して、多くの方から若者の
​  「学び」を支援するために、支援金を頂いております。
  詳しくは→ https://readyfor.jp/projects/clcfukushima

 


□ 説明会:福島と東京にて、ご都合に合わせて順次開催しております。

​  ※キャンプの詳細を丁寧にご説明させていただきます。
    まずはこちらからお問い合わせください。

□ 定員:30名(最小開催人数:20名)


□ エントリー方法: こちらのエントリーフォームよりご応募下さい。


□ エントリー締め切り:2013年7月25日(木)



【協力】

NPO ミラツク

ふくしまフューチャーセンター

スタ☆ふく プロジェクト    






 



Changemakers' Learning Camp